姫野博行の音楽日誌

日々の備忘録

6月17日

午前中データをまとめて正午から仮歌録りにスタジオへ。

 

今回は遠隔じゃなくてディレクションさせてもらうことにした。

 

スピードで求めると遠隔は便利だけど修正しきれない箇所がちらほら。

自分でやると狙った音をある程度作れるのでやっぱりイメージに近く仕上がるしなによりもニュアンスはその場でのやり取りに勝る伝達方法は無いと思う。

 

伝えるのって本当に難しい。

例えばレガート気味に、といっても捉え方はやっぱりプレイヤーによって千差万別。

結局もうちょっと〜 を積み重ねていくしかないので、現場はどれだけネットが発達しても最強だ。

もちろん素晴らしいプレイヤーは軽く想像を超えてくるものだけど。

 

帰宅してから録り音を処理。

たくさん録ったからめちゃくちゃ時間かかった。

けど頑張った分なかなかいい感じ。

やっぱ、自宅よりスタジオの方が変な部屋鳴り少なくて良い結果になるなぁ。

 

今日中に仕上げまで全部終わらせたかったけど無理ぽい。無念。

 

明日頑張ろうー。

 

お疲れ様でした。