姫野博行の音楽日誌

日々の備忘録

7月14日 時間は有限

7月14日

昨日は丸一日子供の世話だった。

 

今年の5月、妻が産休から職場復帰してから生活は激変中だ。

以前みたいに一日中音楽作っていられるなんてことは無くなった。気をつけてても風邪ももらう。

とは言ってものんびりしてお金になる職業じゃないので時間の使い方みたいなことを最近めちゃめちゃ考えるようになった。

 

朝7時前には子供が起きてくるので起床はそれくらい。

8時から9時の間に子供を保育園に送って17時くらいには迎えに行くのが最近のお約束。

その間は仕事に集中できるんだけど、もちろん〆切や仕事は待ってくれないので今までのスタンスだととてもじゃないけど時間が足りない。

妻も仕事だったりするので夜作業できる日は限られてくる。

ここら辺のバランスがすごく難しい。

 

作曲家なんて企業体だと超ブラックな部類だと思う。よっぽど売れてる人はわかんないけど。

好きじゃないと正直オススメできる職業じゃない。

 

自分は作家転向が遅かったので、初めから作家志望の人とは雲泥の差があったと思う。

ていうか今も有ると思う。

逆に自分じゃなきゃできないこともあるような気がしている。

まだまだ自分の中では納得なんかできるレベルじゃないのでとにかく作曲、勉強、楽器の練習である。

 

そのためには時間は超重要なのだ。

育児挟まれるとまぢで時間がない。

徹夜やらなんやらで無理したって結局頭働かなくて凡打連発がオチだろう。

 

学生の頃、時間は無限みたいに感じてたけどどうやら違うみたいだよ。

ただ子供はホントに癒しなので。。

頑張ろう。

いい曲作るぞー。