2022年夏の徒然

前回の投稿からまた月日は流れ。気がつけば夏。

2022年も半年が過ぎ、世界は超絶インフレーション、さらに日本は加えてスーパー円安に見舞われ機材の値段も爆上がり。プラグイン買うにも少し躊躇してしまう今日この頃です。

 

お仕事は年初から相変わらず毎日何かしら音楽を作っているわけですが、

少し心境的な面で変化が見られてきた気がしているので徒然なるままに記してみます。

少しビジネス的なお話になるかもしれません。

 

結論を端的に申し上げますと「法人化する?」です。

作曲家と名乗るようになってからそこそこの歳月が経ち、色々なお仕事をさせていただきました。

その中で感じたことや来年から始まる「インボイス制度」とかいうスーパーウルトラ意味不明税制も相まって検討をしている次第であります。

 

僕は今まで楽曲提供と映像音楽おおよそ半々でやってきたのですがこの比重も少し見直す方がいいかもしれないと感じている次第。

 

楽曲提供の方は大型案件はほぼコンペでして、これはなかなかにギャンブルです。採用されなければ人生の大切な数日間が水の泡に帰すわけで。もはやある程度実力で精度の上がる宝くじ。そして小型案件はほぼほぼ作家への還元は雀の涙と言っていいくらいの水準。印税は非常に魅力的ですがいずれにせよ作曲家と大元のクライアント間には数多のピンハネーゼが目を光らせております。

楽曲提供はとても楽しく、やりがいを感じているだけにこれは残念。素晴らしい方もたくさんいらっしゃるとは思いますが、体質改善がなければ尻すぼみになるかもしれないなと感じている次第です。

 

アニソンやゲーム業界は盛況なようですが僕はアニソンネイティブじゃないのでその庭の方々と争うのはなかなか骨が折れそうですし、ゲーム系はそもそもフリーランスにはあまり回ってきません。

 

なわけで、じゃもう自分らで好きな音楽やった方が楽しいし、少しはお金になるじゃん。と思っている作家さんもいらっしゃるのではないでしょうか?

 

しかしながら、それだけで生活費を全て賄うのはこれもまたギャンブル。しくじれば一家離散の危機!なわけで。

 

そこで映像音楽をやったりなどしているわけですが、幸いにも洋楽Kidsだった僕にはわりと向いてるフィールドのようで、結構楽しくやらせていただいております。

一歩引いて見る癖もプロデュース的目線には役に立つな、とか思ったり。

しかし困ったことにこちらもやはりピンハネーゼはいらっしゃるわけでございまして、こちらもなかなか厄介。

じゃ自分でやっちゃおうっていう流れで「法人化する?」

とかを真剣に検討しているわけでございます。

そう。愛すべき直案件のために!

そろそろ時代変えてもいいんじゃない?とか思ったり、思わなかったり、やっぱ思ったり。

 

なんでも仕事にするというのは難しいですね。

さてさて。どうなることやら。